プロフィール

YFC事務局

Author:YFC事務局
東伊豆のダイビングショップ・イエローフィンのスタッフとゲストが中心となって活動しているフリッパークラブです!

連絡はこちらから♪
お問い合わせ、体験申し込み、YFCへの入会を希望する方はこちらからどうぞ!

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

トータルカウンター
☆2013年12月15日(日)第20回全日本スポーツダイビング室内選手権大会!
沢山の応援ありがとうございました~(*^^*)☆

★2014年11月24日(月)第21回全日本スポーツダイビング室内選手権大会★



★2009年1月~過去の練習会はこちら♪



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


はい!続きましては・・・

★タイムトライアル・トレーニング★

でました!ダッシュの練習です!
ただ急いで泳ぐのでなく、フォームやペースを意識しながら泳ぎましょう!
ダッシュする距離、本数、休憩時間などを変える事によって、色々な効果が得られますよ!

距離は:50m、100m、150m、200mなど様々です!
本数は:種目にもよりますが、5本~10本ぐらいがいいでしょう!
休憩時間:
1本1本の間の休憩時間(インターバル)が短ければ短いほど、心肺機能の強化になります!
また、インターバルが長ければ長いほど、脚に乳酸(疲れ)が溜まり、脚力の強化になりますよ!

なるべく時計を使い、サークル時間を決めておきましょう!

50mの練習であれば1分半~2分サークル。
100mの練習であれば2分~3分半ぐらいのサークルがいいと思います!

本数を重ねるので、1本目から全力を出してしまうと、とって~もバテます!
徐々にペースを上げるイメージで!
出来れば1本1本おおよそのタイムを計り、タイムが落ちていかないように心がけましょう!
イーブンペース、または最後の2本ぐらいをトップスピードで出来ると素晴らしいですね~!

全力ではないにしても、かなり頑張って泳がなくてならないので、本数をこなすのはハードです!
途中で妥協したくなります!
が!泳ぎきったその先には・・・・それはアナタにしか感じられないものがあるハズです!

また、確実に体力アップ、ダイビングのスキルアップにも繋がりますので、各自のペースに合わせて練習してみましょう!

メニュー例

50mダッシュ(1分30秒サークル)×5本
100mダッシュ(2分サークル)×5本 (を2セットとか。)
200mダッシュ×2本 & 150mダッシュ×3本 & 100mダッシュ×5本(※IFCチームの本気モード練習ですので、かなりキツイです!)
超本気全力ダッシュ50m×2本・・・「これは大会本番だ!」と思いながらの全力ダッシュ!(相当キツイです!腿がパンパンになります・・・)
素足で全力バタ足・・・フィンを履かずに、思いっきりバタ足!キックの回転力強化になります!
フィン擦れが出来てしまってフィン履くと痛い!な時などは、素足バタ足がオススメです!

などなど、色々な組み合わせが可能です!
大会で短距離(50m&100m)に出場する方々は、やはり短かい距離をこなしていくのがいいと思いますが、同じような練習を繰り返していると、身体が飽きてきてしまいます。

長距離を泳いでみたり、ダッシュをしたり、ストレッチに時間をかけてあげたり、色々な練習をすることにより、常に身体に新鮮な刺激を与えてあげ、またその練習が何に効果があるのかを意識しておくといいですよ~!
スポンサーサイト

2009/01/04(日) 19:48 | コメント:1 |


皆さま!新年明けましておめでとうございます~!!
本年もなにとぞよろしくお願い致します!
ダイビングもフリッパーも、健康のため、安全に楽しんでいきましょうね~!!


練習会in辰巳も目前に迫ってきましたので、新たに練習メニューをご紹介しまっす!

★ペースアップ・ロング★

先日ご紹介した「LSD~ロング・スロー・ディスタンス~」とは、同じロングでも、こちらは序々にペースを上げていくロングとなります!

心肺機能のアップ!脚力の強化!そして諦めないハート作りに最適です!

例えば400mを泳ぐにしても・・・
最初の100mはゆっく~りフォームチェック!
次の200m目は、ちょっとスピードアップ(50%ぐらいの力で)してみましょう!
そして300m目は、さらにスピードアップ(70%ぐらいの力をだして)!
さらにラスト400m目はもっとスピードアップ(80%ぐらいの力で)!

といった感じに、序所にペースを上げていってみましょう!
あくまでもご自分のペースで!上げられる速さの範囲内にしましょう!

最初はどれくらいのペースが50%やら70%やらが分からないと思いますが、
何回か泳いでいると自分のペースや限界がつかめてきますよ!

慣れてきましたら・・・400m、600m、800m、1000mといった感じに、色々な距離にチャレンジしてみましょ~!

ペースを上げたり、長距離を泳いでいくと、疲れてきてフォームが崩れがちになります。
その「疲れた時」にいかにフォームを崩さずに泳ぐかがポイントとなります!

疲れてきた時にこそ、肩の力を抜いて冷静に自分のフォームを見つめてみましょう!
が、それが難しいんですよぉ~~~~~~!!!!!

大会に出られたYFCの皆様!
レース中の時の記憶ってありますか?僕は実はあまり無いのですが、ターン後の一番しんどい時、フッと息を吐いて肩の力を抜くことを意識したら、ゴール直前のスパートで不思議と脚も動かせました!
力任せに、がむしゃらに泳ぐと、余計な所に余計な力が入ってしまうのですよね!

リラックスして、水を感じながら気持ちよく泳ぎましょ~!

2009/01/04(日) 18:56 | コメント:0 |
ハァ~っと吐く息が白い今日この頃!
皆さん、風邪などひかれていませんか?

ヒロでっす!

次の練習会in横浜国際まで、まだ半月ありますので、今回は泳げない時のための練習メニューのご紹介です!

お仕事やご趣味の時間など、皆さま、なかなかプールに行けない事も多いと思います。
天気のいいお休みの日、家でテレビを観ながらゴロンしている時など、自宅にいながらにして出来ちゃう練習メニューをいくつかご紹介していきますね!

★泳げない時のための練習★

走る・・・
はい!いきなり家の中では出来ない練習でした・・・。
走る筋肉と泳ぐ筋肉は違うのですが、心肺機能が鍛えられます!
あまり無理はせずに、体が温まる程度から始めていきましょう!
また、下り坂はヒザにかかる負担が大きくなります!
なるべく平坦な道か、やや登り気味ぐらいがいいでしょう!

夜道を走る場合には充分にお気をつけ下さいませ!

腰入れ・・・

アキレス腱を伸ばす姿勢から、そのまま両脚を広げていきます。
前側の脚は90°ぐらいまで曲げ、後ろ側の脚は大きく伸ばし、しっかりつま先立ちです!
背筋をピーンと伸ばし、手はなるべく肩より上に上げましょう!
頭の上で手を組むのがベスト!
その姿勢を10秒ぐらいキープしたら、前足側に体重を乗せ、体を起こします。
今度は、そのまま反対側の足を前に持っていきます。
10歩分ぐらい繰り返すと、かなり腿がイイ感じになってきますよ!

腿の前部やお尻の下の筋肉の筋力アップになります。
フリッパーに欠かせないダウンキックやアップキックに効果がありますよ!

全力バタ足・・・
これはテレビを観ながらでも出来ます!
仰向けに寝て、上半身&両脚を20~30°ぐらい浮かせ、ゆるいV字になります。
ゆっくり深呼吸をしましょう!
呼吸を整えたら、大きく息を吸い込んで息を止め、思いっきりバタ足!
しっかり大きく蹴ります!
20~25秒ぐらいで息ごらえの限界が来ると思います。

全力でキックする事により、キックの回転力を上げる練習になります!
短距離(50m&100m)に出場を狙う方々には、オススメのトレーニングですよ!

ご自分のペースや、テレビの面白さと相談しながら(テレビ観ながらでしたら、CM1~2回分ぐらい)、
2~3セットがいいでしょう!

また、呼吸が完全に整うぐらい休憩時間を長めにとると、脚に乳酸(疲れ)が溜まり、脚力アップになります!

背筋運動・・・
安定したフォームを作るには、腹筋と背筋が大事です!
お気に入りの音楽をかけながら、ちょっとだけでもやってみるといいでしょう!
続ける事により、最初はキツくても、だんだんそのキツさが軽減してきますよ!

これからの冬本番に備えて、暖房いらずのご自宅練習!
チャレンジしてみて下さいね~!

2008/12/19(金) 18:41 | コメント:1 |
はい!
イエローフィンのヒロです!

ウォーミングアップで体が温まったら、いよいよ練習開始!

「ただ泳ぐ」のではなく、泳ぎながら「何に効果がある練習なのか」「自分はどこが弱いのか」などを意識しながら泳ぐと良いでしょう!

野球のトレーニングに、バッティングやピッチング、守備、ランニングなど、色々なメニューがあるように、フリッパーの練習メニューも様々!
その練習により得られる効果も様々です!

いくつかの練習メニューをご紹介していきますが、決して、「全てのメニューを1回の練習日でこなしましょう!」というものではないので、ご注意を!
「今日は〇〇をやろう!」な感じで参考にしてみてくださいね!
まずは・・・

★LSD~ロング・スロー・ディスタンス~★

練習の名前は、学生時代に陸上部の練習で使っていた名前なので、あしからず!

長距離を泳ぐ事により、フォ-ム調整ができ、美しい泳ぎの練習になります!

ダイビングも、中性浮力や流線型の姿勢により、早いエア消費が抑えられたり、水中生物に害を与えなくてすみますね!

フリッパーも良いフォームで泳ぐ事が大切です!
目標タイムを出すにも、疲れずに泳ぐにも、まずフォームから!

この練習では、速く泳ぐ事よりも、ゆっくりと泳ぎ自分のフォームを見つめましょう!
本当にゆっくりで大丈夫です!
ご自分の体力と相談しながら、400~1000mぐらいを泳いでみましょう!

フォームにつきましては、追々「ワンポイント」の方で(なるべく)詳しくご紹介していきますが、
体を水平にする事を意識し、両脚が水面より上に出すぎないよう、しっかりと蹴り下ろしましょう!
肩に力が入りがちなので、力を抜いてぇ楽~に!

「自分は水面を滑走する船だぁ~!」な、イメージで!

2008/12/18(木) 17:15 | コメント:2 |
現在の閲覧者数
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。